養毛剤が効かない理由

養毛剤が効かない理由について

どの養毛剤を使用してもなかなか効果があらわれないという方は実は少なくありません。

養毛剤は万人に対して絶大な効果を発揮するものではないので、ある程度効果に差はついてしまうものです。

しかし、どの養毛剤を使ってもまったく効果があらわれないという場合は、相性の問題以前に、まったく別の問題があると考えられます。

ここでは、養毛剤がまったく効かない理由について、いくつか紹介していきます。

理由1.頭皮が荒れている

養毛剤とは、あくまで健康な頭皮に使用し、育毛や発毛を促すアイテムです。

そのため、土壌となる頭皮に炎症が起きていたり、毛穴に老廃物がぎっしりつまっていたりすると、養毛剤の効果は半減してしまいます。

特に頭皮が炎症を起こしているときは、養毛剤を使うとかえって頭皮を傷める原因になります。

頭皮に赤みや腫れが見られる場合は、養毛剤を使用する前に、まずは育毛シャンプーなどでやさしくケアし、頭皮の炎症を回復することから始めましょう。

理由2.不健康な生活を送っている

養毛剤には悪化した頭皮環境の改善や髪の成長を促す効果がありますが、土台となる体が不健康なままだと、本来の効果を発揮することはできません。

抜け毛や薄毛は遺伝や加齢だけでなく、生活習慣や食生活の乱れ、運動不足、睡眠不足なども原因となるため、いくら養毛剤を使っていても、不健康な生活を送っているとほとんど効果があらわれないのです。

養毛剤を使用する場合は、あわせて生活習慣や食生活を見直し、適度な運動を心がけたり、睡眠をたっぷりとるなど、生活の改善も必要となります。

理由3.短期間で使用を中止してしまった

養毛剤は毎日継続的に使用することを前提としています。

効果があらわれるまでの期間には個人差がありますが、養毛剤を使用する期間としては、およそ6ヶ月間以上の使用が推奨されています。

しかし、養毛剤を使用した方の中には、『まったく効果があらわれない』ことを理由に、1~2ヶ月で使用を中止しているケースも目立ちます。

養毛剤は、どんなに即効性をうたったものでも、基本的に長期間継続使用しなければ確実な効果はあらわれないと認識し、最低でも半年間はコツコツと使い続けるよう心がけましょう。