養毛剤の選び方

養毛剤の選び方は慎重に

養毛剤は現在さまざまな種類が発売されているため、一体どれを選べばよいのか悩んでしまうところです。

養毛剤は有効成分によって薄毛へのアプローチもそれぞれ異なるため、ただ適当に選んでしまうと、自分の症状と合わず、ほとんど効果があらわれない可能性もあります。

養毛剤を選ぶ際は、まず養毛剤の配合成分をチェックし、自分の目的に合っているかどうかを確かめてから購入するようにしましょう。

養毛剤のタイプは2種類

養毛剤は大きく分けて『発毛促進タイプ』と『抜け毛抑制タイプ』の2つにわかれます。

発毛促進タイプは、頭皮の血行を促進する効果が主流です。毛根は血中から酸素と栄養分を補給しているので、血行を促進することで栄養分の供給が潤滑となり、発毛を促進することができるのです。

一方の抜け毛抑制タイプは、AGA(男性型脱毛症)の主原因『DHT(ジヒドロテストステロン)』の生成を行う『5α-リダクターゼ』の働きを阻害する効果がメインとなっています。

発毛促進タイプの場合、配合成分には『ミノキシジル』や『塩化カルプロニウム』などの血管拡張剤の他、『イチョウ葉エキス』、『センブリエキス』、『ニンジンエキス』などの生薬成分が多用されます。

抜け毛抑制タイプの場合は、酵素阻害剤である『フィナステリド』や『デュタステリド』の他、『ノコギリヤシ』や『亜鉛』、『ウコン』などが用いられます。

どちらの養毛剤を選べばいいの?

では、実際に養毛剤を購入する際、発毛促進タイプと抜け毛抑制タイプのどちらを選べばよいのでしょうか?

結論としては、両タイプを併用するのが最も効率よく薄毛を解消する方法です。2つのタイプを同時に使用すれば、抜け毛を抑えながら発毛を促進するという最良の結果を得ることができるからです。

ただ、「現状維持で、抜け毛だけ抑えられればいい」という方の場合は、抜け毛抑制タイプのみの使用でも効果があります。

また、養毛剤の併用の他にも、別途育毛シャンプーや育毛サプリメントをさらにあわせて使用すると、より高い養毛効果を得ることができます。